こんにちは、湯川です。

もし最近、

「やらなければならないことなんだけれども、なかなかやれていない」

ということがあったりだとか、

「時間がないから。。」とか、

「やる環境がないから。。」

とか思っていて、

 

さらにはコンサルを受けている人や周りの人から、

「それは妥協でしょ?」

とか

「もっとやる気出せよ!」

とか言われて、さらにモチベーションが落ちていたりするならば、
(かわいそうですけど(笑))

今から言う方法を試してみてください。

 

それは、

 

 

夜ご飯を抜いてください。

 

 

これだけになります。

 

多くの人を見てきて、
実践できていないのは、

時間でもなく、
環境でもなく、

単なる脳内環境の構築ができていないことだとわかりました。

 

例えば、

「一日3食食べなきゃ!」とか思っていませんか?

 

思っているのは、あなたのみで、
体さえ欲していないのが事実です。

 

これは単なる刷り込みなのです。

 

考えてもみてください。

 

原始人が一日3食食べれたでしょうか?

 

もともと人間のDNA的に、
一日3食は無理があるのです。

そして、余分に摂取したエネルギーは、
排出する場所がないと、腐るのです。

この腐敗が、脳や気持ちを腐敗して、
やる気がなくなったり、モチベーションが落ちたりして、

あなたを実践から遠ざけているのです。

 

 

だから、
あなたがまずやることというのは、

 

物を食べないことです。

 

これだけで大抵のモチベーション問題は解決します。

 

流れの良くなった脳内血流によって、
信じられないほどの思考力と集中力に気づくことができるでしょう。

 

それでは、今日はこのへんで。