こんにちは、湯川です。

昨日のメールを書いていて、

「こいつ死ぬんちゃうか?!」

と思われた方がいらっしゃったら、
すみません。
そんなことはございません。

多分誰よりも長生きするような気がします(笑)

だって毎日健康に気をつけて、
スイムしてたりしますからね。

んで、クロールの腕の書き方や、
バタ足の仕方に関して、
ネットサーフィンで調べて、
自己流で実践してます(笑)

この自己流っていうのが好きなんです。

確かにこんな書き込みをよく目にします。

「スイムは変な癖がつくと直りにくいから、
誰かに教わった方が良いよ」

そう書いてあります。

でもそれって、
オリンピックレベルじゃね?

と思うんです。

私は毎日うまくいかないことが、
逆に楽しいです。

ちょっとでも体調が良かったり、
はまったりすると、
うまく泳げたりして、
そんな時にこんなこと思うんです。

「今日は直球が全然走ってなかったし、
制球も安定しなかったから、
なんとか変化球でかわす投球にしました」

「それ、わかるー!」って(笑)

よくピッチャーが言うじゃないですか?
今日はダメだったので、とか。

でもそれって、
私はこう思うんです。

逃げじゃね?!

と。

単なる言い訳じゃね?

直球走ってなかったんなら、
なんで走ってなかったか分析して、
走らなかったら走るように、
なんとかならなかったのか?と。

まぁ、多くの野球選手が
タバコを吸っている時点で
なんだかなぁ〜と思いますが、
それは置いておいたとしても、

「毎日を全力で生きていて、
失敗することもあるよ、
だって人間だもの」

と切り替えることができたんです。

だから、
毎日完璧に生きるのも
大事かもしれないですが、

失敗したときにクヨクヨしないで、
変化球でかわすくらいの
対処法は欲しいよね、と思います。

だって直球で勝つことが
みんなの目的ではなく、
単純に勝つ事が目的なんですもの。

そうゆうアスリートの気持ちが、
自分が小さい領域でも、
毎日を何かに賭けてみることで、
見えてきたんですね。

というか感じる事がたまにある、
ということです。

毎日を一生懸命生きることによって、
見えてくるものがある。

それによって、

「人間だもの、仕方ないよ」

と人にも優しく思える気がするんですね。

本題はまた明日書きます(笑)

これ、止まんねーなーwww

では、
またお会い出来る日まで。

20131123-220846.jpg