284こんにちは、湯川です。

さてさて今日も昨日の投稿に引き続き、

小玉歩坂田智康ネットビジネス頂上決戦という

インターネットを使っていかに稼ぐか?

という内容を話している教材、題して「思考の戯れ」の中で、

小玉さん、坂田さんに質問をしてみましたので、

その内容をお見せしましょう。

ただ、今日は「単純に聞いてみたいこと」ではなく、

「コンサル」の内容になります。

下記になります。

小玉さん、坂田さん

こんにちは、湯川博です。

今日は近い未来(5年後とか)のSNSはどうなるか?

について質問させてください。

例えば、5年後は誰もがYouTube

動画投稿をしている未来があって、

飲み屋に行けば、

「おい、小池、今日、もう投稿したのか?」

「部長、いえ、まだなんですよ。。」

「マジか?!早くしたほうがいいぞ」

的なくらいYouTubeや動画配信が日常的になっているのか、といった感じです。

というこもFacebookも当初、

「こんなん実名でやらんやろ」

と思っていましたが、周りがほぼやっているとやるという状況になるかと思います。

であるならばピンタレストやインスタグラムもさることながら、

動画も友達同士でアップしあって日常的になったりするのでしょうか?

10年後とかはスターウォーズのホログラムのようなものが

できているかと思いますが、

3年後、5年後のSNSに関してご教授いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

 

この質問に関してですが、

元々私の素朴な疑問がありまして、

なぜみんなFacebookをやっているのか?

ということなんですね。

あれだけmixiで盛り上がっていたわけなので、

単に友達との交流をしたいのならばmixiを使い続ければいいわけなんです。

新しい媒体に移動するなんて面倒くさいし、データは移行できないし、

新しい使い方を覚えなければならないし、なんでそんな面倒なことをわざわざするのか?

という疑問があったんですね。

それを聞きたかったのもありました。

答えはもう出ているのですけどもね。